スマホページを見る

事業案内

工業洗浄の違い

工業洗浄で使われる溶剤(洗濯でいうところの洗剤)には次の3種類があり、それぞれに特徴があります。
洗浄液の種類により洗浄結果は大きく左右されるので、慎重に選定をする必要があります。

1.炭化水素系洗浄剤
2.有機溶剤系洗浄剤
3.水系・準水系洗浄剤(アルカリ性洗浄剤など)

このうち本間産業では、炭化水素洗浄・有機溶剤系洗浄(トリクレン)に対応しています。

1.炭化水素系洗浄剤当社で対応可能

長所

○油性汚れに対する洗浄力が強い
○蒸留再生が可能
○環境に優しい。
○金属を腐食しない。
○樹脂に対する影響が小さい。
○塩素や芳香族分が含まれていない。極めて臭気が低い。
○化学的、熱的安定性が高い。

短所

○「可燃性の危険物」である事。消防法の規制を受けるとともに、洗浄装置側でも防爆などの対応が必要

総評

洗浄性能も高く、環境への配慮を両立した洗浄剤です。
環境管理の国際規格「ISO14000シリーズ」の認証取得や環境を配慮した製品を優先的に購入する「グリーン調達」に対応した洗浄剤です。
可燃性の危険物なので取扱い側には配慮が必要です。

2.有機溶剤系洗浄剤(塩素系やフッ素系、臭素系)当社で対応可能

長所

○汚れ(特に油分)に対する溶解力が強く、洗浄性に優れる
○乾燥性が良い
○蒸留再生が可能

短所

○環境規制があります。

総評

強力な洗浄力が特徴ですが、その洗浄力の強さゆえ環境への負荷も強く、
規制、削減の方針も打ち出されています。

3.水系・準水系洗浄剤(アルカリ性洗浄剤など)の特徴当社では対応できません

長所

○幅広い汚れに対応可能
○毒性が少ない、あるいは無害である
○引火点がなく、安全上の規制を受けない
○VOC規制をはじめとする各種環境規制も適用外
○比較的安価である

短所

○乾燥に時間がかかる
○金属部品では錆や変色を誘発しやすい
○汚れの種類によっては、溶剤系と比較して溶解力が弱い場合もあり、洗浄装置側の
物理的補助(超音波やシャワーなど)が必要
○排水処理設備(又は産廃)が必要
○一般的に装置コストが高い

総評

安全性が高く環境規制も適用外ですが、そもそも洗浄に必要とされる洗浄力が弱く、
汚れが落ちない可能性があります。

ISO9001認証取得

ISO9001認証取得

新規お客様サンプル洗浄無料

洗浄例

設備紹介

リンク

新聞で紹介していただきました

新聞で紹介していただきました

新聞で紹介していただきました

新聞で紹介していただきました

営業カレンダー

↑│PAGE TOP│このページの先頭まで戻ります。